がんになったら 〜癌治療・がん保険・ガン検診〜

がん 〜乳癌、肺がん、小児癌、皮膚がんなど〜

現代の日本人の三大死亡理由はがんと心筋梗塞と脳卒中です。
死亡に至らなくても実に日本人の5割の人が何かしらのがんに見舞われています。

がんと同じく気を付けたい腫瘍

父親が40代で癌と宣告されました。それを聞いてはじめに感じたのはものすごいショックと、「なんでうちの家族にがんが・・・」という思いでした。 しかし、癌について調べていくうちに、日本人の約半分が何らかの癌になると知りました。4人家族だと、2人は癌になる可能性があるのです。 次に感じたのは、「これから父の仕事や家計はどうなっていくんだろう・・・」という不安でした。
癌について調べていくうちに、保険や病院の選び方も、簡単ではないけれど、適切なものを選べばほんとに助かるんだ、
と知りました。私が癌について調べたこと・癌になった家族を支えるために必要な知識や方法などが 少しでも役に立てばと、サイトにまとめました。
癌の患者さんと、それを支える家族のみなさんのお役に立てれば幸いです。

もしものときのがん保険ってどうやって選べばいい?

癌は予期できたり前兆のわかる病気ではない分、専用の癌保険に入ろうかやめようか悩むところ。
死亡原因の上位に常にランクインしているだけあって、普通の入院保険とは別に癌保険に入る人は多いんだそう。
加入時期について、特に多いのが結婚をした時期、親が亡くなった時期、子供が生まれた時期となっています。
いろいろながん保険商品が保険会社から出ていて、自分に合った保険はどこの会社のどの商品を選べばいいのか・・・。
そんな人多いはずです。

『がん保険の賢い選び方』

癌保険は賢く選んで自分に合ったものを家族や自分のもしものときに備えたいですよね。
使わないかもしれないので入らないのも選択肢のひとつとしてよく考えてください。

がんになったら 〜癌治療・がん保険・ガン検診〜

ある病院で診察を受けたときはなんともないと言われたのに、もう一つの病院では癌だと診断された。
こんな話、聞いたことありませんか。
診察するお医者さんも人間です。知識・経験・カンが特にものを言う職業です。
机のほこりが気になる人・気になるけど掃除しない人・気にもならない人・・・人間ですからいろいろです。
ですから特に気になる特定の癌があるなら専門医のいる病院で受診するほうがいいでしょう。

癌の検診・治療・手術は最先端の技術が必要になるので、人気や口コミを参考にいいお医者さんと出会ってください。

相互リンク・当サイトについて

サイトマップ